*スタッフ紹介*

和歌山県立桐蔭高校卒業
同志社女子大学学芸学部音楽学科音楽文化専攻音楽療法コース卒業

 

高校在学中に音楽療法に出会い、現在の恩師の元を訪ねる。当時からこどもの音楽療法の臨床に携わり、大学在学中は高齢者施設でも実践をしながら経験を積む。

大学卒業後、実家のある和歌山に戻り、音楽療法士として臨床を始める。
音楽療法グループ「ととろの会」の活動を経て、2006年恩師とともに「音楽療法室スウィートホーム」を開室。
その後、運営を引き継ぎ、2019年「
一般社団法人このおと」を設立。

現在は、こどもを中心とした個人セッション、和歌山県内の施設等への訪問セッションをおこなっている。

 

*ひとことメッセージ* 

 これまでに下は0歳~上は90代までさまざまな年齢の方と音楽を通して関わってきました。
 音楽療法士として出会ったこどもたちは100人を越え、個性豊かな一人一人の成長を一緒に見させていただけることが何よりの喜びです。

 音楽は言葉を超えたコミュニケーションツールであり、何よりもプラスに同調・共感できる方法だと感じています。セッションのなかで、私は、こどもたちの些細な動きも怒りや喜びも、すべて音楽で受け止め音楽で返します。重度で微細な動きしかないお子さんや、言葉を獲得していないお子さんとも音楽で繋がりやり取りすることがでる、音楽療法士という仕事がとても好きです。

たけもと ともみ

*武本 友美*

​一般社団法人このおと 代表

日本音楽療法学会認定音楽療法士

%40%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%

​まつい     くみ

*松井 公美*

日本音楽療法学会認定音楽療法士

言語聴覚士

和歌山県立桐蔭高校卒業

同志社女子大学学芸学部音楽学科音楽文化専攻音楽療法コース卒業

大阪医療福祉専門学校言語聴覚士学科卒業

 

4歳から音楽教室に通い、学生時代は吹奏楽部でクラリネットを担当する。その頃より、人も自分自身も笑顔になれる音楽をしたいという気持ちが強かった。

高校在学中、進路に迷っているときに、姉(武本)が大学で楽しそうに音楽療法を学んでいる様子を見て、音楽療法士を志す。

大学在学中から、スウィートホームや障がい者施設にて臨床に携わる。

大学卒業後、実家のある和歌山に戻り、音楽療法士として臨床を始める。

音楽療法士として10年程働く中で、もっとこどもたちの発達に役立てる知識を得たいと考え、2年間専門学校に行き、言語聴覚士の資格を取る。

現在は、再び和歌山市内で音楽療法士としてこどもを中心とした個人セッション、和歌山県内の施設等への訪問セッションをおこなっている。

*ひとことメッセージ* 

 音楽療法のいいところは、クライエントが楽しみながら成長できることだと思います。そして、その空間に私たちも一緒にいられることがとてもうれしいです。

一人一人の個性を大切にし、いつも子どもたちと対等な立場で楽しくセッションできるよう心がけています。

取得資格:

・日本音楽療法学会認定音楽療法士

・言語聴覚士 ・介護福祉士 ・保育士

・全国手話検定1級

・行動援護従事者研修修了

・同行援護従事者養成研修一般課程修了

取得資格:

・日本音楽療法学会認定音楽療法士

・中学校教諭一種免許状(音楽)

・高等学校教諭一種免許状(音楽)

・保育士 

・心理学検定1級

%2540%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A6%25E3
%40%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%

大阪府 羽衣学園高等学校 卒業
同志社女子大学学芸学部音楽学科音楽文化専攻音楽療法コース卒業

高校生のとき、幼い頃から習っていたピアノをいかせるのは何かと進路を考えたときに音楽療法に出会う。音楽の教師等考えていたが、以前から寝たきりの祖母の傍らでピアノを練習しており、その曲ごとに祖母が穏やかな表情や険しい様子になるのを見て「認知症で感情表出が難しくなった祖母に音楽が何か関わっているのかな?」と感じ、興味を持ったことがきっかけとなった。
大学在学中から、スウィートホームや障がい児施設にて臨床に携わる。
現在は、和歌山市内でこどもや成人への個人セッション、和歌山県内の施設等への訪問セッションをおこなっている。

 

*ひとことメッセージ* 

音楽療法の場で、楽しいことも悲しいときも音楽とともに一人一人に寄り添うことを心がけ、それが成長への一助となれば嬉しいです。

取得資格:

・日本音楽療法学会認定音楽療法士

・中学校教諭一種免許状(音楽)

・高等学校教諭一種免許状(音楽)

・保育士 

​しんかわ いく

*新川 育*

日本音楽療法学会認定音楽療法士